ソーラーナビ.com > 太陽光発電の有効術

発電した電気は出来るだけ売ってしまうことが最大の経済的メリットとなります。家庭内での電気消費を少なくするために、使わない電化製品はコンセントを抜いておくなどの対策が有効です。

太陽光発電をしていない時間帯に電化製品を使用します。洗濯機、食洗機、掃除機、ドライヤー、炊飯、電気ポットの湯沸し、電気オーブンなどの使用はできるだけ早朝か夜にします。こうすることによって、毎月の電気代を抑えることができ、太陽光発電の経済的なメリットを感じることができます。

なるべく昼間に電気を使わない生活にシフトすることです。究極案は昼間は電気を使わないように家にいないことですが、それではせっかく生活を便利にするために買ったのに本末転倒です。なるべくストレスや生活を崩さない範囲でおこなうと良いでしょう。

昼間に消費電力を少なくする上で効果的なのが、消費電力が少ない電化製品を導入することです。特に、エアコンや冷蔵庫などの、夏場使用頻度が高くなるものは、消費電力の少ないものを選択すると効果的です。しかし、省エネ家電の価格は一般的な電力消費性能のものよりも高いので、LED照明のような普及段階のものはこれから価格が安くなるものもあるので、その効果を理解したうえで判断いましょう。

エネループに代表される、充電式の電池を使用した製品を多く利用すると効果的です。充電は太陽光発電をしていない夜のうちにして、昼間使用すれば、太陽光発電した電気をより多く売電することができます。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声