ソーラーナビ.com > 太陽光発電の用語集

太陽光を利用して発電する機材のこと。太陽電池発電、ソーラー発電、ソーラーパネル発電と呼ばれることもあります。

太陽光から電気を発電する板(パネル)。通常は建物の屋根(切妻・寄せ棟・陸屋根)に設置します。

太陽電池の基本単位です。セルが何個も集まるとモジュールという単位で呼びます。

セルを必要枚配列し1枚にまとめたもので、1枚の太陽電池パネルのことです。屋外で利用できるように強化ガラスで覆われていて、耐久性があります。

モジュール(1枚の太陽電池パネル)を複数枚、直列あるいは並列に配列し架台に設置したものです。「アレイ」と呼ぶのはまれで、太陽光電池(太陽光パネル・ソーラーパネル・パネル)と呼ぶのが一般的です。

寄せ棟など、複数箇所の太陽光モジュールで発電した直流電力をひとつにまとめてパワーコンディショナーに供給する装置です。

寄せ棟など、複数箇所に太陽光モジュールを設置し、そのモジュールによって発電量が異なるときに、それぞれ個別に最大電力追従制御を行い、効率的に電力を利用できる装置です。

太陽光電池で発電した直流電力を、家庭用コンセントで使える交流電力に変換する装置。また、太陽光発電システム全体の管理も行います。

太陽光から電力がどの程度発電できるのか、その効率を数値で表したもの。この数値が大きければ太陽電池パネルが高性能ということになります。

太陽電池モジュールが発電した直流電気を交流電気にいかにロスなく変換できるかの割合。この値が高ければ高いほど、効率よく変換でき、パワーコンディショナは高性能ということになります。

現在の発電状況がわかる画面。ワイヤレス式のものもあり発電・売電・買電状況などがわかる。

ブレーカーのことです。発電した電力を家庭内のコンセントで使えるように電力を分配する装置です。

売電、買電の量がわかるメータ。通常、屋外に設置されます。

屋根の形の呼称。2つの面から構成されている屋根。太陽光発電システムにとって、南北に分かれている屋根の南側に太陽電池パネルを設置することが最も効率的となります。

屋根の形の呼称。真上から見ると台形になっている屋根。最も発電効率がよい南側の屋根以外にも取り付ける場合は、太陽光パネルを、東側・西側の屋根にも取り付けるため、設置面積は広がりますが、発電効率は落ちます。

屋根の形の呼称。屋根が平面になっている形。施工形態によって屋上として使えたりもします。陸屋根用の架台を設置した上で、太陽光パネルを固定するので、場合によっては必要な部材が多くなる可能性があります。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声