ソーラーナビ.com > 今なぜ太陽光発電?

地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kW。もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、しかも、枯渇する心配がありません。

現在、日本は石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っています。こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうもの。太陽光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つになります。

太陽光発電システムを設置することにより、火力発電所から排出されるCO2の削減と、 そこで消費される原油量の節約が可能となります。例えば10kWの太陽光発電システムを設置した場合、全国平均で年間約10,000kWhの発電量が期待できます。 これは、原油消費削減量としては年間約2,270リットル、CO2排出削減量としては年間3.14t-CO2となります。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声