ソーラーナビ.com > 構成機器

太陽電池からの配線を一本にまとめてインバーターに送る装置です。また太陽電池に電気が逆流したり、一度に大きな電流が流れないようにする機能をもっています。

太陽電池で発電された直流電気を、電力会社と同じ交流電気に変え、家庭用電化製品に使えるようにする装置です。パワーコンディショナーとも呼ばれています。停電時に運転するための自立運転機能を備えているものもあり、電力変換効率は、各メーカーとも90~95%程度です。

受電盤からの電力を建物内の電気負荷に分配し、太陽電池系統と商用電源系統との連系点になります。

電力会社から買い入れた電力量を計測する装置です。系統連系型太陽光発電を設置した場合、電力会社から購入するときの買電用メーターと、電力会社に売電した電力を把握するための売電用メーターの二つが必要になります。

太陽光で発電した電気を溜めておくために使います。これを接続させると昼に発電した電気をためて置き、発電のない夜に使用することができ、主に独立型システムで使用します。

バッテリーに適正範囲の電気を溜め込ませるため電圧を監視する機器です。バッテリーがいっぱいになると充電を止め、逆に減ってくると充電を始めます。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声