ソーラーナビ.com > 補助金の対象

・太陽光発電により、発電された電気が、当該太陽光発電システムが設置される住宅において消費され、連系された低圧配電線に、余剰の電気が逆流されるもの(全量買取は対象外)。
・住宅の屋根等への設置に適した太陽光発電システムであること。

太陽電池モジュールの公称最大出力合計値、またはパワーコンディショナの定格出力合計値のいずれかが、10kW未満であること。増設の際、既設分も合わせて、いずれかが10kW未満である必要があります。

・変換効率が一定の値以上であるもの。
・JETまたはJET相当の「太陽電池モジュール認証」を受けていること。
・性能保証、設置後のサポートがメーカーによって確保されているもの。
以上を満たし、メーカーからJ-PECに登録されたものであること。

55万円/kW以下
※設置工事に係る費用の中で特殊工事の費用は控除できます。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声