ソーラーナビ.com > 失敗しない業者選び

さまざまな太陽光発電パネル・メーカーがあり、それぞれ変換効率やデザイン性、価格、アフターメンテナンスの有無などが異なり特徴があります。前もって事前情報を身に着けておくことをお勧めします。 設置工事業者には1つのメーカー商品を扱っている会社、複数のメーカーを扱っている会社があります。設置工事業者が扱っているパネル・メーカーは何種類あるのか、どのメーカーの製品を扱っているのか確認しましょう。自分の家に最適なパネル・メーカーを選択する際、選択の幅は広い方が有利といえます。見積もりをとるときに、最低でも1社は複数のメーカーを扱っている設置工事業者に相談するといいでしょう。

太陽光発電システムを購入して設置する場合、「営業・販売」と「設置工事」という2種類のサービスを受けることになります。これら両方をまとめて提 供する設置工事業者もありますが、全て外注としているケースもあります。一概にどちらがよい、とはいえませんが、アフター・サポート、メンテナンスなどで違いが 生じる場合もあるので注意が必要です。 実際に現場にやってきてシステムを設置するのは工事業者ですので、工事の内容等具体的に把握しているのは工事業者です。販売した会社が工事業者との情報交換を十分にしていない場合、サポート窓口は販売会社になりますので、システム設置後のメンテナンスや、万一不具合などが生じた場合のサポートが充分に行き届かないことも考えられます。 そうならない為にも、営業・販売だけの会社なのかどうか、その場合の工事業者との関係をしっかり確認しましょう。

失敗せず、適正価格での設置するためには、見積もりは1社だけでなく、複数の設置工事業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。Webで概算見積もりを算出したり、住居の図面などを送付して見積もりを取得できるサービスなどがありますが、専門家が現場を見ないため、正確性に欠けてしまいます。また、電量販店などが、チラシに「標準設置工事料金」などとして、工事価格を提示していることがありますが、チラシの価格どおりにはいかず何らかの追加費用が発生するケースがほとんどです。 必ず1社は現場調査を依頼し、専門家に現場を見てもらい、見積もりをとりましょう。その後、同じ条件で再度複数見積もりをとることをおすすめします。

太陽光発電システム自体は、ほとんど故障が起こることもなく、メンテナンス・フリーで長期間使い続けられると言われています。ですが、必ずしも故障がないとは限りません。 メーカーによりますが、10年程度の品質保証をつけており、保障期間内に故障があった場合には、無償交換などに応じてくれるメーカーや、1年点検の実施を義務づけ、実施することで保証に応じるメーカー等あります。いずれにせよ、何か故障があれば設置工事業者に相談することになりますし、故障がないにせよ、保証を受けるために1年点検の依頼が必要になりますので、設置工事業者とは長い付き合いになると考えられます。

また、太陽光発電システムは高額な買い物ですので長期ローンを組まれる方も多いでしょう。太陽光発電システムでは、最高15年、180回払いという選択も可能です。この場合のローンには、設置工事業者が提携しているクレジット会社などを利用する場合がほとんどです。ローンの金利はクレジット会社によって変わりますので、ローンを利用して購入する場合には、工事業者が扱っているクレジット会社はどこで、金利はどれくらいかについても確認するといいでしょう。なお、お住まいの地方自治体によっては、太陽光発電をローンで購入した場合の利子補給などを行っている場合がありますので、そちらも確認しておきましょう。

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声