ソーラーナビ.com > コラム

就任直後の09年2月、3年以内に再生可能エネルギーの発電量を倍増させ2年間で350万人の雇用を創出すると宣言した。だが、2012年11月の大統領選と連邦議会選を前に大統領肝いりの政策は「政争の具」と化し、野党・共和党のクリフ・スターンズ下院議員は政府が太陽光パネルメーカーに融資保証を与えるプログラムを批判した。
出典 毎日新聞

経済産業省は6日、有識者らで構成される「電力システム改革専門委員会」(委員長・伊藤元重東大大学院教授)を開き、家庭向けの電力小売り自由化に向けた改革案を示しました。
大手電力会社が独占している家庭向けで、新規事業者の参入を解禁します。電力業界の競争を促して、料金値下げやサービス向上につなげるのが狙いです。 不当に高い料金を設定した事業者には経産相が料金変更命令を出します。実現すれば、消費者は自由に電力会社や料金・サービスを選べるようになります。
改革案によると、家庭向けの小売りは、新規参入を認めた後もしばらくは今までの規制料金を残します。 大手の独占状態が崩れない段階で料金を全面自由化すれば、大幅値上げなどの事態も想定されるためで、競争が進めば自由料金だけにします。
消費者は、大手電力会社や新規参入業者が自由に設定する料金を選択できます。例えば、太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電力だけを購入できるような契約や、昼間は料金を安く夜は高く設定した契約など、さまざまな料金プランが増えそうです。
出典 産経新聞

再生可能エネルギーの代表格、太陽光発電のベンチャー企業が集まる米西部コロラド州は全米で5600社を超える太陽光発電関連企業のメッカとなっている。08年8月大統領候補指名を受けたオバマ氏は公約に「再生可能エネルギーで世界のトップリーダーになる」と掲げた。
出典:毎日新聞

オバマ大統領は今年3月、ネバダ州ボルダーシティの太陽光発電施設で「太陽光発電は成長産業だ。中国勢は公正な取引をしていないと判断している」と中国に法的対抗措置をとる方針を強調したが、アバウンドの共同創業者のコロラド州立大学教授バラジャバド・サンパス氏は「中国政府の補助金も長続きしない、価格競争でも長期的には勝てたはずだ。経済問題ではなく政治問題だ」としている。
出典:毎日新聞

世界市場での太陽光パネルの国別シェアは、中国、台湾が6割、米国は4%前後。再生可能エネルギーへの11年の投資額のトップは中国、米国はその後じんを拝している。価格競争で敗れた企業はこの2年で約10社。共和党はオバマ政権の環境・エネルギー政策を失策と批判している。
出典:毎日新聞

1930年代の大恐慌時代を克服した政策に模した「グリーン・ニューディール」の中核、太陽光パネル産業に陰りが見え、07年に産学共同で創業し、最先端のパネル開発で定評があった「アバウンド・ソーラー」が7月に破産申請した。
背景には太陽光パネルの価格破壊があり、1ワット=1.85ドル程度が昨年一年で半額に下落。巨額の政府補助金に支えられた中国勢が攻勢を掛け、アバウンドは昨年秋から採算が取れなくなったのが原因。
出典:毎日新聞

再生可能エネルギーを夢の産業として開拓し、環バブルを起こし米国経済の強力な推進力に位置付けるため、米オバマ大統領が1930年代の大恐慌時代を克服した政策に模して描いた政策。
しかし、この政策にも陰りが見え始める。10月、米西部コロラド州フォートコリンズ郊外にある、太陽光発電パネルメーカーの「アバウンド・ソーラー」では数百万円の実験機器が競り落とされていった。
出典:毎日新聞

  • 失敗しない業者選び
  • メーカー比較
  • 導入コストは?
  • 太陽光発電の歴史
  • 今なぜ太陽光発電?
  • 補助金の対象
  • 構成機器
  • 太陽光発電の用語集
  • 太陽光発電の有効術
  • コラム
  • お客様の声